FetishLABふぇちらぼブログ

色んなふぇちのお話。あなたのふぇちもあるかもね♡

日常からちょっとだけズレた、半非日常をお届けしますよ。

1年程ブログをお休みしていました。

メッセージを下さった方、心配して気にかけてくださった方、ありがとうございます!

すんごく嬉しかったです!病んでた訳でも辞めてしまった訳でもありません。



私のちっぽけな脳みそではブログを日々更新するまで出来なかったのです。そして私のちっぽけなプライドがまだ軌道に乗っていない成果も出ていない事をブログに書くのが恥ずかしかったのです。

今となっては書いておけば良かった!ほんとしょーもないプライドだった!と感じてるのですが、過ぎてしまったもんはしょうがないので今日からまたテクテク更新していかせてくださいな。




ブログ上では空白の1年間何をしていたかといいますと、


・本格的にフェチ事専門のメーカーを立ち上げました。名前を【FetishLABふぇちらぼ】と言います。

・ちょっと変わったフェチや萌えの動画をメインに定期的に作品撮り&販売をし始めました。

・他のフェチメーカーさんと合同で撮影会を定期的に開催するようになりました。

・たった一人弾丸で海外での野外撮影を行いました。

・台湾着衣濡れ&制服萌えメーカーさんと共同撮影を台湾で行いました。



動画の定期更新ができるようになったのが大きくて、ちょーーーっとずつではありますが、流れが出来てきました。心にも脳みそにも余裕が出てきました。

他のメーカーさんやフェチストさん、友達にもものすごく助けてもらいながらです。

ものすごく感謝しています。

こうしてこのブログを読んで下さってる方にも心配してもらったり、言葉かけをもらったり、叱咤激励をもらったり、全部パワーです!ものすごく感謝しています!



これから今までの空白期にあった事、これから始まる事を貪り埋めていきたいと強く思ってます。



そしてこのブログ、ちょっと改造したんです(・´_`・)

今までフェチ事と性事をごっちゃにして書いていたんですが、これからはフェチ事メインで書いていきます。

フェチ

萌え

癖(へき)

なマニアブログにしちゃうわよ♪



日常からちょっとだけズレた、半非日常に浸る材料として楽しんでもらえたら幸せです。




FetishLABふぇちらぼ 

wetlookはこんなにも美しい。〜前回の撮影会での水も滴るいい写真紹介♪〜

 

 

同じ被写体を撮っていても、

撮影する人によって、

撮れた写真は全然違う。

感じる雰囲気も、

トーリーも、

温度の見え方も。

 

どれもこれもとっても素敵。

 

同じ被写体が、

一人一人の違う脳みそを通ることで、

その人の味にブレンドされて

いわゆる個性が滲むのよね(≧∇≦)

 

 

撮られる側としては、

新しい自分の一面を発見できる嬉しさがある。

「こんな風に映ったんだ!」

って撮ってくれた人の中に触れられた気がして嬉しくなるんだよね♪

 

 

 

 

前回の第1回、濡れて委員会主催・wetlookプレミアム撮影会。

その時の参加者様のお写真を頂戴したので、皆さんにも見て欲しいな♡

こんなに素敵に撮っていただけて感無量です!

カメラマンはAckyさん♪

では、ご覧ください↓↓↓

 

f:id:yuu-fetish:20170418170247j:plain

f:id:yuu-fetish:20170418165705j:plain

f:id:yuu-fetish:20170418165749j:plain

f:id:yuu-fetish:20170418165823j:plain

f:id:yuu-fetish:20170418165858j:plain

f:id:yuu-fetish:20170418165918j:plain

f:id:yuu-fetish:20170418165937j:plain

f:id:yuu-fetish:20170418165955j:plain

f:id:yuu-fetish:20170418170016j:plain

f:id:yuu-fetish:20170418170045j:plain

f:id:yuu-fetish:20170418170107j:plain

f:id:yuu-fetish:20170418170137j:plain

f:id:yuu-fetish:20170418170159j:plain

f:id:yuu-fetish:20170418170221j:plain

f:id:yuu-fetish:20170418170331j:plain

 

 

めっちゃ素敵でしょ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

 

 

 

私ね、

こうやって撮影のイベントで撮っていただいた写真達を集結させて、

wetlook写真展をしたいのです!

FetihsLABふぇちらぼとしての、日向結うとしての野望です。

協力してくださる方、スポンサー様募集中です!!

お願いします!

 

 

 

 

たくさんのふぇち写真やふぇちにまつわる写真を

FetishLABふぇちらぼのインスタに載せてるので、

ぜひフォローしてください^^♡

Yuu Hinata もしくは fetishlabで見つかるよ!

 

 

FetishLABふぇちらぼ (日向結う)

 

第二回「濡れて委員会」プレミアム撮影会開催決定!!【5月20日(土)】

第2回「濡れて委員会」主催、プレミアム撮影会の日にちが決まりました!

皆様のご参加、すんごくお待ちしております♡

↓↓詳細はこちら↓↓

「濡れて委員会」プレミアム撮影会

 

 

 

 

 

 

服を着たまま濡れる。

服を着たままびしょ濡れになる。

 

 

【雨が嫌いだ。】

改札を出ると突然の雨降り、

傘もないのでまいったなーなんて思い、

ぼんやりと外に目をやると、

雨を避けるかのように小走りに走ってくる女性が。

彼女を横目で追いかける。

 

駅の屋根にありついた彼女は、

「もぅ、びしょびしょじゃん…」

独り言のようにこぼすと

バンからハンカチを取り出し水滴を拭い始めた。

彼女の前髪の先からはポタポタと水が滴り、

白いブラウスはしっとりと彼女の肌に張り付き

体のラインを目立たせている。

彼女の背中、下着が透けているのが目に入り、

思わず目を逸らした。

 

だけど、一度感じてしまった言いようのない昂ぶりに抗えず、

もう一度そっと彼女に目をやる。

鎖骨には未だ水滴が残っている。

春色のスカートは水を含んで所々色濃く変化し、

彼女の脚に纏わり付いている。

ストッキングにも水が伝ったのだろうか…。

肌に馴染んでいるはずのストッキングからも水が触れた跡が伺える。

 

なんでもない雨の日のはずなのに。

なんでもない雨の日の光景なのに。

濡れた彼女の姿に心臓がうるさい。

目が離せない。

もっと見ていたい。

…もっと濡れてほしい。

 

…?

 

”もっと濡れてほしい?”

 

何を考えているんだ。

雨に濡れた女性がいるだけないか。

こんなの、よくあることじゃないか。

なのに

なんで…。

 

 

気づくと、雨の中を走り出していた。

 

 

家に着いてからも濡れた彼女の姿が頭から離れない。

何日経っても。

何ヶ月経っても。

雨なんて嫌いなはずなのに…

雨なんて好きじゃなかったのに…

いつのまにか雨の日を待つようになっていた。

 

f:id:yuu-fetish:20170418170137j:plain

 ※こちらの写真は、第1回プレミアム撮影会の参加者様に撮っていただいたものです♡ 

 

 

 

 

着衣でびしょ濡れ。

ありそうでなさそうな光景ですよね♡

なさそうでありそうな光景ですよね♡

そんな、

現実と非現実の狭間のような時間を一緒に楽しみませんか?

映像とは違う、生の臨場感を体験できると思います。

目の前で、

服のまま、

濡れていく女を見に来てくださいな♡

ファインダー越しに私はどう映るのでしょう♪

 

 

当日お会いできるのも、

出来上がった写真を見るのも、

とっても楽しみにしております☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

↓↓↓詳細はこちらから↓↓↓

「濡れて委員会」プレミアム撮影会

 

 

 

fetishLAB(ふぇちらぼ) 日向結う

 

着衣濡れ好きさん必見!【第1回wetlookプレミアムライブ&撮影会 By濡れて委員会】レポート

f:id:yuu-fetish:20170418172248j:plain

2017/02/18/Satに濡れて委員会主催、

wetlookプレミアムライブ&撮影会がありました♪

 

wetlookオンリーのイベントは史上初の試みで、

どんな風になるのかドキドキワクワクでしたが、

新しい楽しい時間で終える事ができました。^^。

参加してくださった皆様、大変ありがとうございました!

 

 

 

では、レポを♡

 

まず、「濡れて委員会」とは?

濡れて委員会とは、今回のイベントの為に発足された会です。

・私、FetishLABふぇちらぼ

Fetish Factory Video 日向結う。

 

・ミステリアスで独特の世界観の千花の脳内世界さん

Fetish Chika Planning

 

・濡れと言ったら、FetishFactoryさん

完全着衣派 Fetish Factory GAGON TOP MENU

 

の3つのふぇちメーカーでできています^^

 

 

 

 

さて、

3者合同で行った今回のイベント。

コンセプトは、

「リアルの繋がりと着衣濡れのライブ感♪」

ふぇちのモノってなかなか生で見る機会はないじゃない?

だから生で見たときの空気感や臨場感を一緒に味わうって言うのがポイントだったの。

それに、フェチストって孤独なものじゃない?

なかなかフェチスト同士が話したり、”好き”を共有できる機会がないのよね。

だから同じ着衣濡れふぇち同士、なんの気兼ねもなく話せる場を作りたかったのよ。

 

 

今回は2月、冬だったもんで、室内でのイベント。

(あったかくなったら屋外でもできたらいいな♪)

 

会場に着くとまずはルールや流れの説明。

それから撮影場所(水場)の調整や自己紹介。

演者スタンバイも。

 

準備が整ったら、スタート♪

 

 

 

トップバッターは千花さん。

素敵な衣装と水の動きを引き立てるハンカチでのパフォーマンス。

千花さんが水に触れると一瞬であの独特の世界観に包まれる。

私はこっそり隠し撮り( ´ ▽ ` )ノ

f:id:yuu-fetish:20170418171818j:plain

 時折響く、水音がなんだか妖艶でドキドキ。

濡れた衣装が張り付いた千花さんの四肢がゆっくりと動くたびにドキドキ。

凛とした表情にドキドキ。

たくさんのカメラが千花さんを囲んで、

パシャカシャとシャッター音が響くその光景にドキドキ。

…終始ドキドキしっぱなしでした♡

 

 

千花さんのパフォーマンスのあとは、

千花さんとのマンツーマン撮影&エンジョイタイム♪

参加者さんが順番に千花さんを独り占め!

ポーズや表情のリクエストもOKだし、

一緒に濡れて楽しむのもOK!

今回は女装家さんもいらっしゃったので、

素敵なレディーススーツを着た参加者さんと千花さんのコラボは…

たまらんかったです!

 

 

 

そして私の出番♪

私は、

「当日家から着てきたスーツそのままで濡れてしまおう!」

ってことで、なんの準備もいらない。

「そのまま濡れちゃうの?」

っていう参加者さんの心配と驚きと昂ぶりを感じつつ

ワクワクしながら濡れ場へ。

参加者さんに向かって

「濡らしてください」

とお願いし、皆さんに思い思いに濡らしていただくところからスタート。

f:id:yuu-fetish:20170418171425j:plain

バッシャーン!ってかけられたり、

ちょろちょろちょろ…ってなぞられたり、

ジャーって浴びせられたりしながらどんどん濡れていく。

たくさんの人が見ている前で、

服が濡れて水が浸みていく感じがたまらなくドキドキしたの♡

浴槽の外で濡らされてから、いざ水中へ。

 

 

f:id:yuu-fetish:20170418171258j:plain

 水に浸かると、かけられる時とは違って水圧の圧迫感がまた…♡

たくさんのカメラがこっちを向いてるのがなんだかすごい恥ずかしくって、

恥ずかしいんだけど、どうゆう訳か気持ちよくもあって、

今まで感じたことのない高揚感♪

潜ったり、寝そべったり、脚上げたり、

思うままに動く私をパシャパシャとカメラが見てる。

濡れそのものも楽しい気持ちい。

みんなが見てるのも楽しい気持ちい。

…ここは天国か⁈って錯覚するような非現実的で悦な時間でした♡

 

f:id:yuu-fetish:20170418170959j:plain

 

結うソロタイムが終わって、参加者さんとのマンツーマンタイム。

この時点で、私相当楽しくなっちゃってるから、

参加者さんに入水を勧めるすすめる^^テヘ

一緒に濡れながら私を撮ったり、

カメラそっちのけで一緒に濡れを楽しんだり、

お互い濡らし合ったり。

着衣濡れを通して通じ合った気がして、とっても楽しかった。

体感では一瞬に感じたけれど、結構長い時間水と皆さんと戯れてたと思う。

 

 

 

 

 

メインイベントの濡れが終わったあとは、

ふぇち談義に花を咲かせました。

皆さんのコレクションを見せて頂いたりも♡

皆さん同じ着衣濡れ好きでも、こだわり所は様々。

それがとても刺激になって、

私はもっともっと着衣濡れが好きになっちゃったよ♪

 

 

 

 

実はね、物販なんかもあったんだよ。

千花の脳内世界さんと、ふぇちらぼからはスペシャルDVD。

FetishFactoryからは特製濡れて委員会Tシャツ。

DVDは完売してびっくりした!すごい嬉しい気持ち^^

Tシャツは売れ行き悪くって残念。

生地しっかりしているのに、濡れるといい感じに透ける逸品なのに…。

(↑なんで濡れた時を知っている??)

 

 

 

そんなわけで、

第1回濡れて委員会プレミアムwetlookライブは幸せしかなかったです!

参加者の皆さんに書いて頂いたアンケートも嬉しい言葉もり沢山で感激でした。

みなさんの貴重な意見を参考に伸ばす所、調整する所を見極めながら

第2回、第3回と回を重ねていけたらいいなと思っています。

改めまして、

参加くださいました皆さん、

興味を持ってくださった皆さん、

今回はありがとうございました。

今後とも、FetishLABふぇちらぼ・千花の脳内世界・FetishFactory

を宜しくお願い致します♡

 

 

 

 

PS’

イベントが終わってからの反省会、

私は濡れて委員会Tシャツのまま参加♪

反省点や感想なんかを話し合って、

この日はお酒も美味しくて。

帰る頃には、濡れたくなりまして^^;

家に帰ってまた一杯引っ掛け、

そのままお風呂に入っちゃいました♡

だからあのTシャツが濡れに優秀なのを知っていたのよ^^ふふふ

動画アップをお楽しみに〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

f:id:yuu-fetish:20170418170840j:plain

 

 

 

FetishLABふぇちらぼ (日向結う)

 

もっとたくさんの写真をインスタグラムであげますので見てみてください♡

Yuu Hinata又はfetishlabで検索を♪

 

 

例のアノ虫の法則とふぇちの関係。つまり、フェチは1人いたら100人いる。

【フェチは1人いたら100人いる】

 

フェチの撮影の後は打ち上げをする事が多いのよ。

この間も、某事務所さんでのマニアックなフェチの撮影を終え、打ち上げに。

全員がフェチ業界者なので話題はもっぱらフェチ話。

そこでの話の一コマ。

 

 

 

”マニアックなフェチを持つ人ってすごく魅力的”

だけど、

”マニアック過ぎるがゆえに、ブログやSNS等で書いてしまうと個人の楽しみであるフェチとその個人をあばいてしまうんじゃないか?”

はたまた、

”プライバシーを侵害してしまうんじゃないか?”

 

 

 

そう思うと、ほんっっっっっとに魅力的なフェチなのに、表に出すのを考えてしまう。

 

フェチはスパイスとして、

人生を楽しむ一つのきっかけになるって言いふらしたいのに…。

マニアックなフェチこそ触れたいのに残念で仕方がない。

 

っていうジレンマよ。

 

 

 

みんな考えをそれぞれ巡らせていると、

なんと名言が!

「大丈夫。フェチはは1人いたら100人いるから!」

 

《《フェチは1人いたら100人いるから》》

 

 

 

 

 

「ゴ◯ブリみたいじゃん!」

「ゴ◯ブリみたいに言うのやめてよ!」

「ゴ◯ブリかよ!」

 

 

日向も含め、何人かがおんなじツッコミをしたよね^^笑

この日の名言MVPはこれで間違いなかったわ!

 

 

 

 

 

 

 

確かに、特殊なフェチを持っている人って

こっそりひっそり自分だけの秘め事にしている人が大半。

フェチの歴史的にも、

人に公表して分かち合うものでもないからね。

ないしょで愉しむ自分だけの世界よ。

それが醍醐味の一つでもあるしね。

 

そんな中で我々が知る事になった、

ないし

世に出ている ”フェチ" っていうのは、

氷山の一角なんだよね。

水面下には、大きな大きなおおきな分母があるんだよね。

こだわりどころは人それぞれだけど、

大枠のフェチとしてみた時に、支持者は多い。

ほんとうに多い。

なのでとても納得。

このジレンマ問題の結論は、

面白話としてではなく、(本当に愛しているものに対して面白半分でちゃちゃ入れられるのが一番ムカつくもんだからね。)

専門的にフェチというものを分析する分にはブログに出しても大丈夫という結論に至りました。

こちら側はもちろん、プライバシーの配慮万全にしてね!

 

 

 

《《1人いたら、100人いるから》》

 

 

 

フェチって、とても繊細なんだよね。

繊細だからこそ魅力的。

繊細だからこそ優しい。

繊細だからこそ触れたい。

繊細だからこそ平和をもたらすと思ってる。

 

 

 

逆に、

「こんな事にこんな気分になってしまう自分は頭がおかしいんじゃないか?!」

なんて事は思わなくっていいんだよ。

みーんな自分の中にしまっているだけで、

みーんななにかしら持ってるから♡

 

 

PS’

例えが例のアノ虫になっちゃてごめんね。

悪意は微塵もないからね。

私も例のアノ虫は大嫌いなの。

別の例えとして、”田んぼのしい” が思い浮かんだんだけど、

ピンとくる人少ないと思ったの。

ふぇちすとイエーイ♪だよ♡

 

FetishLAB(日向結う)

”フェチ” ってなんでしょね?~ふぇちらぼが考えるのフェチの意味~

f:id:yuu-fetish:20170224032712j:plain

 

フェチって言葉は、

"性癖" とか "性倒錯" って言葉ととても似通った意味で使われてるね。

 

簡単に言うと、

一般的ではないモノ・コトに性的に興奮すること。またはその対象。

 

 

 

 

 

この、”性的に” って所が引っかかるんだよね。

なんか特殊感あるじゃん。

 

フェチってさ、誰しもが持ってるものだと思うんだ。

私のイメージだと、

人は誰しも産まれながらに色んなフェチの種を持ってるの。

その種が人生を送っていく中で芽吹き、花開くのよ。

花開いて初めて、当人は自分のフェチを自覚するの。

幼い頃に花開くものもあれば、20歳や30歳で花開くのもある。70歳や80歳で花咲くかもしれない。

フェチってね、そーゆーものだと思ってるんだ。

 

 

 

 

 

だからね、ふぇちらぼが思う【フェチ】は

『自分でもうまく説明できないけど、どうしようもなく心昂ぶるモノ・コト。』

”性的に” は付かない。

 

〜結果、性的にも興奮する。っていうのはあると思うけどね。

限定的でなく幅広いもんなのよ。

 

そんなわけで、

【フェチ=性癖・性倒錯】っていう概念はもう古いんじゃないかしらと感じるの。

今はもう、

【フェチ=偏愛】なんじゃないかしらと。

 

 

偏愛(へんあい)っていうのはね、

文字の通り、偏って愛する事。

 

さっき言った通り限定的でなく幅広いもんだからね。

偏りの度合いも幅広いわよ。

4:6で偏ってる場合だってあるだろうし、1:9で偏ってる場合もあるでしょう。

もしかしたら10:0で偏ってるかもしれない。

 

偏って愛する事、それが偏愛。

 

 

 

 

 

ここでちょっと英語にでもしてみましょうか。

 

Fetishism(フェティシズム)崇拝的な意味合いが強いのよ。元々ね。

私の考えるフェチよりかは狭い範囲と言いましょうか、なんと言いましょうか。

 

 

偏愛の意味合いで言うと、

Favoritism(フェイヴァリティズム)が近いと思う。

Favoritism は偏愛とか、えこ贔屓とかっていう意味合い。

今、世に出てるフェチたちはこっちの枠よ。

図みたいな感じ。

f:id:yuu-fetish:20170224031541j:plain

 

 

で、

ある人はそこから崇拝の域まで行くのよ。

「偏愛高じて崇拝になる!」だと思うんだ。

偏愛から崇拝になるまでのスピードは人それぞれでしょうけどね。

 

 

 

 

 

なにが言いたいかってーと、

  • フェチは誰しもが持っている。
  • 又は、持ち得るわけでなんも奇妙で異質なモノじゃないって事。
  • 住む世界の違う人って感じじゃないって事。

100人の人がいれば、そこには100以上フェチが存在し得るのよ。

(※1人1フェチとは限んないからね♪)

 

それってその人の個性でもあると思うから、

”フェチがある事を恥ずかしい”

とか

”フェチを持っている人は異常だ”

とか

思わないでちょうだいね♡

って事が言いたかったのよ(๑¯◡¯๑)

 

フェチは人生のスパイスよ♡ 

 

 

 

FetishLABふぇちらぼjapan  (日向結う)

 

【三代目葵マリー監修昭和歌謡緊縛絵巻】に行ったのよ。〜緊縛って何?興味はあるけど、敷居が高いと思っている人へ。

f:id:yuu-fetish:20160115014326j:plain

※文章内容と写真の関係はありません。

 

 

昨日は緊縛のイベントに行ったのよ^^

 その名も、

【三代目葵マリー監修昭和歌謡緊縛絵巻】

 

字面がもう最強よね♡

活字フェチにはたまらない♡

SM界においてこの方の名前は誰しもが耳にした事があるでしょう、

三代目葵マリーさん。

彼女が監修を務めた緊縛イベントだったのよ。

 

 

 緊縛イベントとは?

縄師と呼ばれる緊縛のスペシャリストの緊縛パフォーマンスを鑑賞するイベント。

だいたいは、縄師専属のモデルさん(M女さんとも言われる)を縛っていく。

縛りは実に巧妙で縛り方を見ているだけでも圧倒されるのよ。

そして女体に縄が食い込み、肉がひしゃげ、包まれていく様は本当に美しいのよね。

 見ているだけでも色々な感情を感じる事まちがいないわ。

 

 

 

 

 

 

 

今回のイベントはタイトルが【三代目葵マリー監修昭和歌謡緊縛絵巻】!

昭和歌謡緊縛絵巻!しょうわかようきんばくえまき!

 

昭和歌謡が流れるステージで、床縄のみのイベントだったの。

 

 

 

 

 

床縄とは?

床縄(とこなわ)。

緊縛には縛り方によって名称があるのね。

どこを縛るか?どんな風に縛るか?どこで縛るか?

などね。

床縄とは読んで字の如く、床の上(布団の上の場合もある)での緊縛の事。

 

 

イメージしてみて…?

着物姿が良く似合う器量のいい娘が、不幸にも身売りされ、冷たい床の上で縛られ、未知の快楽が開花する姿を。
まだセーラー服が似合う幼さを残す少女が、師と呼び慕っていた男に緊縛の悦びという大人の快感を教え込まれ、縄痕と畳の痕をその白い肌に刻まれる姿を。
昭和レトロなワンピースに身を包み、笑うと少女のような雰囲気の未亡人が、亡き旦那の弟に、旦那が寝ていた布団の上縛られ、体の自由を奪われ段々と恍惚の表情に変わっていく様を。

この妄想、私の性癖出てるわ^^; 巻き込んでごめんなさいね。

昨日のイベントとは何の関係もないからね^^;

 

まぁ兎に角、床縄とは、

床でする緊縛の事よ。

縛る方も縛られる方も立ち上がる事はないやつ。

 

 

 

 そんな昨晩の昭和歌謡緊縛絵巻。

昭和歌謡が流れる中、紅い照明にの下で、

着物や洋服、制服に身を包んだ女性が縛られていく。

服がはだけて白い肌に縄が食い込む。

額に汗が滲み、切ない表情に変わる。

悲鳴のような艶かしい声が口をつく。

時折、縄師と見つめ合い声のない会話をする。

縄師はM女の事を想い、M女は縄師を想う。

エロティックで情緒的、それでいて静かな熱を感じるとても素敵なイベントだったのよ♡

 

 

三人の演者さんがそれぞれの緊縛を披露してくれたのよ。

  • エロ王子さん&香緒さん
  • Kinoko Hajimeさん&M女さん
  • 紫護縄びんごさん&M女さん

こちらの大御所さん達。

 

 

私、Kinoko Hajime(一鬼のこ)さんの緊縛好きなのよ。

すごい好き。

だいたい観ながら泣くのよ。

涙が出るくらいに心揺さぶられるのよね。

昨日も気づいたら泣いてたわ。

 

 

緊縛って、

綺麗で、激しくて、静かで、優しくて、容赦なくて、苦しくて、気持ち悦くて…。

縄が体に絡むと同時に、そんな相反する感情がぐちゃぐちゃに絡まってわけわかんなくなる感じ。

感情の決壊が起こるみたいに。

イベントの終わりに三代目葵マリーさんが言っていたの。

「あれは、セックスだね。」

って。

性器も出していないし、一般的セックス行為もしていないんだけど、

縄を介したセックスだと、私も思う。

 

 

昨日のこのイベントでも、三者三様の緊縛という名のセックスを覗き見した気分。

催眠にでもかかっているような、ぼーっとしてフワフワして、

終わった後もしばらくは頭が回んない状況だったわ。

 

 

 

 

 

 

 

この記事をきっかけに興味をもってもらえたら嬉しいわ。

緊縛は見た目ハードだけど、

身体を痛めないように緻密に考えられているのよ。

身体・四肢には沢山の神経が通っているから、

下手をすると後遺症が出ちゃう。

だから相手とのコミュニケーションが先ず一番大事。

  • しんどくなった時の合図を決めておく。
  • 相手の様子を良く観察する。
  • 痛くないか?きつすぎないか?確認しながら縛る。
  • 身体の構造を考える。(関節の曲げれる角度など)

パートナーと二人で楽しく緊縛に挑戦してみるって、刺激的でいいんじゃない♡

 

 

 

 

いや!自分は!

  • 基礎はちゃんと知りたい!
  • 凝った縛りがしたい!
  • 極めたい!
  • 縄師になりたい!

ってゆう人は、

緊縛のお勉強会も色んな所でやっているから参加してみるのもいいと思うわ。

誰にもないしょでこっそり習うのもよし。

パートナーと一緒に性活のスパイスに習うのもよし。

 

一鬼のこさんも縄のレッスンを開催してるわよ。

ページ載せとくわね。詳細が見れるから。

http://shibari.jp/lesson

 

 

 

 

 

 

 

私ね、緊縛は日本独特の文化の一つだと思うの。

感情を抑圧して頑張りがちな日本人の、

一種の息抜きの側面もあったんじゃないかなとね。

大人になるにつれて、

”感情を曝け出す”

って昔も今もなかなかできない事じゃない。

緊縛はそれを可能にするのよね。

私は、縄を解かれた後のあの何とも言い難い赦された感が一番好き。

緊縛ってほんと、酷で美しいわ。

 

 

 

 

 Fetish LABふぇちらぼ(日向結う)