FetishLABふぇちらぼブログ

いろいろなフェチのお話。あなたのフェチもあるかもね♡

ベトナム航空のCAさんが着てるアオザイ、あれすごくいいよね。素敵♡…濡らしたい。

ベトナム航空を利用するといつも思うだけどね、

アオザイって素敵よね。

ベトナム航空のCAさんは私の知る限り、

青みがかったライトグリーンのアオザイと、

クリームがかったライトイエローのアオザイを着てるのよ。

下はどちらもホワイトのボトムスね。

それがなんとも素敵なのよ。

 

ちょっとだけ光沢のある生地のせいか、シンプルな刺繍デザインのせいかははわからないけど、控えめに煌めいていてそれもまたいい♡

それでいてチラリズムする腰元の三角ゾーン。

変ないやらしさもなくまたなんともセクシーなのよ。

上品セクシーとでもいいましょうかね。

 

そんな素敵なCAさんが機内にいるとついつい目で追っちゃう。

素敵だな〜。

いいな〜。

私も着たいな〜。

アオザイ

 

兎にも角にも、アオザイって清潔感があって控えめセクシーで上品で美しいのよ!

いい所全盛りな気がするわ。

もう!たまらない。

 

 

 

あの上品な素敵衣服が濡れたらどう変化するのかしら?

どこから濡れようかしら?

張り付くのかしら?

動きにくくなるのかしら?

透けちゃうのかしら?

重くなるのかしら?

質感は変わるかしら?

もっと輝くのかしら?

 

妄想しだしたらきりがない。

ワクワクが止まらない。

 

色んなアオザイを着てみたいわ。

下着はどんなのをつければいいんだろう?

靴はどうしましょう?

なるべく本場の着方に忠実に着たいのよ。

だってFetishLABふぇちらぼはリアルを追求するフェチメーカーですもの。

何より私のこだわりですもの。

 

だからこそ、

世界初のアオザイ濡れ動画になるであろう作品は現地で撮りたい!

そんな野望が今回のクラウドファンディングに繋がったわけよ。

そいで、前回の反省を踏まえ私の心の故郷カンボジアでも撮ろうとじゃないのとなったわけよ。

モデルさん同行で!

そんなのって…幸せすぎるわ♡

 

 

アオザイの話に戻るわね。

 

みんな知ってるかもだけど、一応基本情報から。

アオザイベトナムの正装。

清から入って来たチャイナドレスが起源。

チャイナドレスは涼しい気候の地での衣服だから絹が定番なんだけど、

ベトナムは暖かい気候だから、アオザイは元々ベトナムの衣服に使われてた麻を混ぜたり薄地にしたりして気候・土地に合わせて進化したのよ。

改良という名の進化を経て、アオザイは今の素晴らしい形になったわけよ。

男の人も正装は男性用アオザイなのよ。

 

そんなアオザイ、昔は普通着が青・未婚女性は白・既婚女性は黒って決まってたんだって。

今はそんなことはなくいろんな色を着てファッションを楽しんでるようよ♪

 

そんな歴史深いアオザイを着て濡れてしまっていいのかしら…

っていう心配も実はしているのよ。

背徳感が半端ないわ。

でもね、絶対美しいと思うのよ。

一人の着衣濡れ愛好家としてじっとしてはいられないわ♡

アオザイだけでなくどんな衣装に対してもそうだけど、貶めようなんて気持ちは一切ないのよ。皆無よ。

素敵な衣装だなと惹かれれば惹かれる程、

その衣装を崇めれば崇める程に、

濡らしたくなっちゃうサガなのよ。

こればっかしは…ね♡

 

でね、ほんとにありがたいことに、

 

みなさんの応援のおかげで、

クラウドファンディングただいま117%達成中!

ほんとありがとうございます。嬉涙

 

おかげで、

私の知る限りまだ世に出ていないアオザイ濡れ、

しかも現地でのアオザイ濡れ、

9月に決行して参ります!

 

楽しみすぎる〜♡

もう言っとくわね。

現地でのアオザイ濡れは、日向も被写体として参加します!

 

残り2週間、まだご支援受け付けております。

FetishLABふぇちらぼの初挑戦、ぜひ覗いてみてくださいな♡

 

 

 

 

今日も読んでくださってありがとう♡

FetishLABふぇちらぼ 日向結う