読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FetishLABふぇちらぼブログ ~ふぇち時々性~

色んなふぇちのお話。あなたのふぇちもあるかもね♡

”フェチ” ってなんでしょね?~ふぇちらぼが考えるのフェチの意味~

ふぇちいろいろ

f:id:yuu-fetish:20170224032712j:plain

 

フェチって言葉は、

"性癖" とか "性倒錯" って言葉ととても似通った意味で使われてるね。

 

簡単に言うと、

一般的ではないモノ・コトに性的に興奮すること。またはその対象。

 

 

 

 

 

この、”性的に” って所が引っかかるんだよね。

なんか特殊感あるじゃん。

 

フェチってさ、誰しもが持ってるものだと思うんだ。

私のイメージだと、

人は誰しも産まれながらに色んなフェチの種を持ってるの。

その種が人生を送っていく中で芽吹き、花開くのよ。

花開いて初めて、当人は自分のフェチを自覚するの。

幼い頃に花開くものもあれば、20歳や30歳で花開くのもある。70歳や80歳で花咲くかもしれない。

フェチってね、そーゆーものだと思ってるんだ。

 

 

 

 

 

だからね、ふぇちらぼが思う【フェチ】は

『自分でもうまく説明できないけど、どうしようもなく心昂ぶるモノ・コト。』

”性的に” は付かない。

 

〜結果、性的にも興奮する。っていうのはあると思うけどね。

限定的でなく幅広いもんなのよ。

 

そんなわけで、

【フェチ=性癖・性倒錯】っていう概念はもう古いんじゃないかしらと感じるの。

今はもう、

【フェチ=偏愛】なんじゃないかしらと。

 

 

偏愛(へんあい)っていうのはね、

文字の通り、偏って愛する事。

 

さっき言った通り限定的でなく幅広いもんだからね。

偏りの度合いも幅広いわよ。

4:6で偏ってる場合だってあるだろうし、1:9で偏ってる場合もあるでしょう。

もしかしたら10:0で偏ってるかもしれない。

 

偏って愛する事、それが偏愛。

 

 

 

 

 

ここでちょっと英語にでもしてみましょうか。

 

Fetishism(フェティシズム)崇拝的な意味合いが強いのよ。元々ね。

私の考えるフェチよりかは狭い範囲と言いましょうか、なんと言いましょうか。

 

 

偏愛の意味合いで言うと、

Favoritism(フェイヴァリティズム)が近いと思う。

Favoritism は偏愛とか、えこ贔屓とかっていう意味合い。

今、世に出てるフェチたちはこっちの枠よ。

図みたいな感じ。

f:id:yuu-fetish:20170224031541j:plain

 

 

で、

ある人はそこから崇拝の域まで行くのよ。

「偏愛高じて崇拝になる!」だと思うんだ。

偏愛から崇拝になるまでのスピードは人それぞれでしょうけどね。

 

 

 

 

 

なにが言いたいかってーと、

  • フェチは誰しもが持っている。
  • 又は、持ち得るわけでなんも奇妙で異質なモノじゃないって事。
  • 住む世界の違う人って感じじゃないって事。

100人の人がいれば、そこには100以上フェチが存在し得るのよ。

(※1人1フェチとは限んないからね♪)

 

それってその人の個性でもあると思うから、

”フェチがある事を恥ずかしい”

とか

”フェチを持っている人は異常だ”

とか

思わないでちょうだいね♡

って事が言いたかったのよ(๑¯◡¯๑)

 

フェチは人生のスパイスよ♡ 

 

 

 

FetishLABふぇちらぼjapan  (日向結う)