読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FetishLABふぇちらぼブログ ~ふぇち時々性~

色んなふぇちのお話。あなたのふぇちもあるかもね♡

脱・予期不安妄想症!話す事の大事さ。〜風俗嬢だとカミングアウトしました〜完結編

予期不安妄想症については前編のこの記事を読んでね↓
xxxfetich-yuu.hatenablog.com

 

 

 

さて、ーーーここから体験談ね。

この間ね、とある内緒を大事な人に打ち明けたの。

とある内緒っていうのは、

「私がSM嬢であるっていう事。」

ここまでオープンにしているのに、どうしても言えない人が実は1人だけいたのね。

SM嬢、大きくは風俗嬢である事は私からは切り離せない事。

私の人生の一部でもある事。

それくらい私にとっては大きい事を、相手に伝えて否定されたら私自身を否定される事のような気がしてめちゃめちゃ怖かったの。

すんごい怯えてた。

完全に予期不安妄想症。

 

 

なぜ・どんな予期不安妄想に陥ってたかというとね…

まず、相手は彼氏。

そんで、彼は台湾人。

だから私の脳みそは、

「台湾と日本の風俗文化は全く違う。日本の風俗文化を解ってもらえるだろうか?

そもそも私の仕事は仕事として認めてもらえるんだろうか?彼は私のこの仕事を聞いて私を汚らわしいと思うかもしれない。自分の彼女が風俗嬢だなんて自分の選択を恥じるかもしれない。きっと軽蔑されるに違いない。あー嫌われる。絶対フられる。あーもー終わった。etc…」

予期すればする程、思考はどんどんネガティブに。

そして自分を蔑み自己価値を下げてさげてサゲテ…。

だったのよ^^;

 

 

私の場合恋愛関係において、相手に仕事を内緒にしている事は何よりもストレスなのね。

だから今までは、付き合う前から仕事の事は伝えていたのに今回はすんごく躊躇しちゃって。

エライコッチャヨ。

悪い妄想は膨らむばかりで。

 

 

でもね、膨らむ所まで膨らんだら、突然全部がクリアになったの。

膨らみすぎた風船が割れて、向こうが見えたみたいに。

そしたらね、

「彼がどう思うかは私がどうこうできる問題じゃないじゃん。てか、そもそも彼は偏見や上辺で物事を判断するような人じゃないわ。つまりポイントは、私は彼を大事に思っていて包み隠さず私の全てをさらけ出したい!」

って事に気づいたのよ^^

気づいたらもう後は言うだけ。

私がSMクラブで働く風俗嬢だという事。

私はこの仕事を誇りを持ってやっているという事。

あなたに嫌われるのが怖くて隠していたという事。

それから、仕事内容や日本の風俗形態まで細かに説明もしたわ。

緊張し過ぎてゲロ吐きそうだった^^;

 

結果:彼は解ってくれて受け入れてくれた。

 

私の予期不安は一個も的中せず。予期した意味皆無ね。

安心で号泣よ^^;

 

 

 

 

身を以て解った事。

”予期するのは不安を生む不安はさらに不安を生むどんどん自己評価を下げる→→→→ゴーングアンダー&ループ”

全くのエネルギーの無駄。

ここからは何も生み出さないから。

 

それにね、こうやって不安妄想にとり憑かれるって事自体が、相手に対してにも自分自身に対してにも ”信じる” がないよね。

ただ自分守りなだけなんだよね。

自分守りは必要な事だと思うって前回の記事にも書いたけどさ、

こういった相手ありきの場合は独りよがりになっちゃうね。

一生「私傷つきたくない。でもこうしたい。ああしたい。」って自分の心も相手の心も見えていない、エゴイスティックで孤独な人生に成りかねないね。

話してみなくちゃ始まらないし、

伝えてみなくちゃわからないのよ。

そもそもそこからスタートよ。

 

 

 

とにかく一回、予期不安妄想を蹴散らせるとすごく変わると思うの。

どんな事でもいいの。

例えば

「本当は今日のデートはそこには行きたくない。けど、そんな事言ったら嫌われる。怒るかもしれない。絶対怒って喧嘩になる。最悪別れるかもしれない。」

ってゆう不安妄想を蹴散らして、思い切って

「今日はそこじゃなくてお家に居たい。」

って言ってみるとかね。

言ってみた結果、意見が割れてもいいのよ。

お互いそこからコミュニケーションなわけだから。

案外ね、あっさり解決して、「なんであんなに怯えていたんだろう?!」ってなると思うよ。

ただ、”押し付ける” と ”伝える” は違うものよ^^

 

 

 

 

ありきたりな言い回しだけど、自分の人生は他の誰のものでもない。

あなたの人生はあなたが彩れもすれば霞ませもする。

自分一人だけでは色は限られちゃうから、他の人の人生の色と混ぜたりとかするんだと思うのよ。

その中であなたを伝えるっていうのはとっても大事だと思わない?

 

 

日向結う。