読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FetishLABふぇちらぼブログ ~ふぇち時々性~

色んなふぇちのお話。あなたのふぇちもあるかもね♡

とある風俗のお客さん@SMクラブ 〜その発想はなかったわ。ポジティブ過ぎるRさんの場合:前編〜

とあるSMクラブのお客さん 風俗嬢の本音

お客さんってね、びっくり脱帽しちゃう位にポジティブ脳みそだったりするのよ。

今回はお客さんのポジティブ脳みそのお話。

 

 

Rさんは小太りでマスコット的愛嬌のあるおじさまなの。

緊縛プレイが彼のプレイスタイル。

ひたすら凝った縛り方で時間いっぱい縛り続けるのよ。

さらに彼はとても汗かきで、プレイ中は汗の雨を降らせるの。

体制によっては私の体はスコールに見舞われる^^;

初めの頃はふた月に一回位。

それが3・4回続くとひと月に一回。

たまにひと月に二回。

プレイ時間は基本2時間。

少しおどおどした話し方だけど、おおらかで明るい人。

テンションが上がると力加減ができなくなっちゃうところが玉に瑕。

そんな愛らしい方なのよ。

 

彼のポジティブな出来事の話をするには先ず…。

 

Rさんと知り合って、2年近く経った頃のお話。

その日はいつもより良いホテルに決めた彼。

「今日はなんか良い事あったのかしら?」

位に深くも考えないでホテルに向かうと

広いお部屋のテーブルには大きなバラの花束があったのよ!

そしてきっちりスーツを着たままのRさん。

いつもはジャケット脱いでくつろいだ格好をしているのに。

 

その瞬間に全てを悟った私は

「今日でRさんとも最後か…しょうがない…。」

と【まじ告白→お断りする→お客さんは来なくなる。】

のパターンに腹を括ったわけ。

この所要時間約1秒。

 

そして悟りの気持ちは置いといて、

「お花どうしたの?!おっきいねー!綺麗!」

とお花の感想を^^

Rさん、うきうき笑顔でその花束を持って私の前に跪くと

「ゆうちゃん、僕と一生のパートナーになって欲しい。僕とお付き合いしてください。」

本格告白をいただきました。

こりゃ、私も真摯にお返事しないといけないな。と思い、

お花と気持ちへのお礼を言ってから、

今は誰ともお付き合いする気持ちはない事を伝えたのね。

そうしたら、ちょっとしょぼんてしちゃったけどわかってくれたRさん。

 

お花好きだから家で飾るね^^と話を終わらせて、残り約1時間半を考える。

この所要時間約1秒。

 

「今日はいつもと違うホテルでドキドキするからいつもと違う風に縛られちゃうのかな?」

とか言って彼の脳みそを緊縛にスイッチしてプレイへGOしたわけよ。

きっともう二度と来ないか、すごーく期間が空くんだろうなと思いながらね。

別れ際、改めて感謝を伝えてお別れしたの。

 

店に戻って店長に花束をつっこまれ、告白されて断ったからもう来ないかも。

なんて話してその日は帰宅したの。

ここまでだったらよくある話。

 

 

ここからがRさんのポジティブ炸裂よ。

もったいぶって、後編に続くにさせて♡

 

 

日向結う。