FetishLABふぇちらぼブログ ~ふぇち時々性~

色んなふぇちのお話。あなたのふぇちもあるかもね♡

若者のセックス離れについて。〜子どもの頃のエロアドべンチャーは、性的発達において大事だと思うのよね。

若者のセックス離れに思うこと。

”若者のセックス離れ”

っていっても、みんながみんなそうじゃないし、

いろんな視点から考えられるから今日は今と昔のエロアドベンチャーの視点からで。

 

 

 

今と昔ではエロ事の環境ってちがうよね。

昔と今の違いとしては、

  • えろ本を拾う・隠れて読む冒険。
  • 友達同士で回し読むワクワク。
  • 家族に隠れてコソコソドキドキのAV鑑賞。

この3つが変わった事なんじゃないかな

と思うんだけどどうかな?

 

 

今はさ、スマホで簡単にエロ動画も画像も見れる。

エロ本もネットで読めちゃう。

故に、家族に隠れてスリリングなドキドキ時間はなくなってきてる。

それが悪いっていうんじゃなくてね。

 

 

 

ただ、この3つって意外といざ実践!にたどり着くまでの

メンタル強化ステップだったりすると思うのよ。

こうやって少しずつメンタル強化していくから、

階段を登るようにいざ実践!へ辿りける

 

この3ステップがないと、

現在地からいざ実践!までの段差がめちゃめちゃ高い!

初期装備でいきなりラスボス!みたいな。

そりゃおっかねーわ!と思うもの。

どう接したら良いかわかんないし、面倒くさいと感じると思うもの。

それはそれで難儀と思うの。

そもそも実践(セックス)って最高度コミュニケーションだもの。 

 

 

 

 

もちろん最初に書いた様に、

この世の若者全てが草食で淡白なわけじゃないし、

草食で淡白だろうとも、他に理由があるかもしれないし、

これっていう正解はない話なんだけどね。

 

 

 

 

例えばの話。

大人がね、

「子どもに悪影響だから」

ってむやみやたらにセクシャルな物を遠ざける。

そうすると、子どもは大人が思いもしない方法でセクシャルな物に触れたりする。

大人はそれに感知できなくて、結果とんでもない事に!!

なんて事があるかもしれない。

だから子どもにエロを見せろって話じゃなくて、

むやみやたらにって所。

ただ隠す・遠ざける・批判する、

じゃなくてそこにコミュニケーションがあったらいいなと思う。

 

「お話したらいいのに。」って思う。

これはね、すごく感じるんだけどね。

そして話ちょっとそれるんだけどね。

大人はさ、子どもの事を子どもと思ってるよね。

子どもはさ、大人が思ってるほど子どもじゃないのに。

ややこしいわね^^;なんてゆうのかな…。

【大人は子どもを甘く見てる】よね。

 

「子どもにはまだ早い。」

とか、

「子どもには難しい。」

とか。

甘い!甘いよー!マカロンだよー!

※マカロンは日向の身近で一番甘いものです。

 

早いか難しいかどうかなんて本人以外が決める事じゃないのよ。

そして子どもは、大人がそんな風に言う心理までをも読み取ってたりするんだよ。

 

大人が子どものエロアドベンチャーに出くわした時、

又は、出くわしそうな時、

  • 問答無用でえろを禁止するか?
  • これは良いチャンスだわと性についてお話するか?

これは、子どもが大人になってからも影響が出る話なのよね。

どっちが良い/悪いの話ではなくてね。

その子の性格や環境とかもあるだろうからケースバイケースなんだけどね。

 

 

 ちょっと本題から逸れましたが。

性に興味を持つのは、発達段階的に当たり前の事。

というか、必要な事。

その発達段階を多かれ少なかれみんな通るわけよ。

男の子も女の子もね。

 

時代が変わって、

エロアドベンチャーのクエスト内容もきっと変わってきていると思うの。

対する大人との関わりもね。

でも生きていく上でそのアドベンチャーは必要だと思うのよね。

いきなりラスボスはきついわよ。

ゲームみたいにその場で友達に手伝ってもらえないんだから^^;

 

対する大人も神経過敏になりがちかもしれないけど、

性欲は人間に備わってるものだから。

生殖活動は人間の本能なわけだから。

まだ今の所^^;

機会があるなら、自分なりの性のルール(ゴムつけろよ!とか)

なんかを話せるくらいにばっちこい!な気分でいれたらいいわね。

 

 

 

サルになれとは思わないけど、

『好きな人・愛する人と繋がりたい』

って気持ちは湧いて欲しいなと思うわ。

セックス離れなんて私、寂しい気持ちよ!

 

 

 

日向結う。