FetishLABふぇちらぼブログ ~ふぇち時々性~

色んなふぇちのお話。あなたのふぇちもあるかもね♡

実は、生理ナプキンを使う事をやめて3ヶ月が経ちました。ノンナプキン生活、スーパー快適です。

Facebook

『オトナ女子のおまたぢから®セミナー』

なるものを知った私。

主催されているのは新潟で プレママベビー教室『kite-me』を主宰している

粟原あつ子さん。

 

「おまたぢから®?!」

この言葉にすこぶる惹かれた私は、早速申し込み!

だかしかし1月の回は駅でぎっくり腰になるという

大ドジをかまし泣く泣くキャンセル…。

次の時にリベンジだ!と意気込んでいたら、

2月開催の回に参加させてもらえるとの事!

すっごくわくわくして参加した2月のおまたぢから®セミナーは

私の生理&子宮概念を華麗にぶっ壊してくれました♡

 

事前に拝見したブログで、

粟原さんはなんと、

高校時代からノンナプキンで過ごしていると知り、

一体そんな事ができるのか??

と不思議でしょうがなかった。

生理が来ても生理用品を使っていないって事だからね。

でも、

・女性は元々生理がある者として産まれるわけで、生理と仲良く付き合える身体な事。

・子宮の仕組み。←これ知ったら自分の子宮が愛おしくてたまらなくなるから!

・ケミカル生理用品の便利さの反面、身体に与える影響。

・身体を冷やす事の恐ろしさ。

・いかに子宮が女性の核であるか。

・生涯オムツいらず人生を送るには。

をとってもわかりやすく砕いて話してもらえて全て納得!

今まで相当子宮を、つまり自分自身をないがしろにしてたなと

子宮に対して申し訳ない気持ちと感謝と愛で心が爆発しそうになった。

心から参加してよかった!

 

 

子宮はね、

骨盤底筋っていう筋肉が支えているんだって。

この筋肉が衰えると子宮界隈の機能に影響が出るんだって。

あ、セミナーではこの筋肉を衰えなくするには?

今からでも遅くない!骨盤底筋の鍛え方も実践で教えてもらえるの!

 

そして骨盤底筋が鍛えられていると、

生理の時もナプキンがいらないの!

ちゃんと締める事ができるから。

生理中にナプキンしないなんてできるわけないじゃん!

って思うでしょう?

それがね…できるのよ。

できる理由が色々あるんだけど、今回は端折るね。

 

今回は実際にセミナーを受けた次の生理から

ノンナプキンを実践したからそれについて。

結論からいうと、めちゃめちゃ快適です!はい!

ノンナプキンに決めて初の生理は、

1回ちょーっとだけパンツに血がついた位。

パンツの裏まで染みる程でもない、ほんのちょっと。

後は、排血した後おまた拭いた時に

おまたのお肉に血がついてパンツに移っちゃう位かな。

そこはおりものシートでカバー^^

それ以外は定期的にトイレに行って、

子宮で力むイメージでんーーーってして、

排血できた。

 

初めの頃はいつものトイレの回数よりもちょっと多めにトイレに行き、

その都度んーーーってしてた。

生理始まりの時は、今日明日位に来るかなーって意識してたら

「あ、今来る。血でる。」の感覚がわかった。

 

二回目の生理からは、なんとなく感覚がわかるようになってきた。

使われなかった赤ちゃんのベッドの内膜が剥がれて、子宮に溜まってきたな感がわかるの。

そうしたらトイレに行ってんーーーって。

直近の3回目の生理ではもう余裕!

 

ノンナプキンにしてからね、

生理痛がほぼなくなった。

出血量が減った。

出血量が減ったからか、生理中の貧血にならなくなった。

もうね、いい事だらけ。

あ、膣のしまりもよくなった!

一石何鳥よ?!って位。

これには、こうなるだけの理由があるから、ただのラッキー♪ではない。

裏付けがある!

 

そんなわけで、今まで面倒&億劫だった毎月の生理が楽しみ。

今月もバッチコイーっとウェルカム状態でいれる。

子宮に意識が自然と向くから感覚が分かるし、

自分の女性性を毎月改めて感じて考えられるっていうのもいい。

子宮が愛おしい体感。

 

ノンナプキン人生、おすすめでっせ!

 

日向結う。

 

 

粟原さんの回し者ではないけれど、ここにブログ載せておきます♡

粟原さんの回し者ではないけれど、粟原さんが大好きなんです♡うふふ。

新潟発【kite-me】*おまたぢから・月経〜いのちの授業・オトナの保健体育まで!看護師の粟原あつ子がお届けする女子と子どものアレコレ