読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FetishLABふぇちらぼブログ ~ふぇち時々性~

色んなふぇちのお話。あなたのふぇちもあるかもね♡

現役SM嬢時にM嬢の私を否定された話。私、実はSF嬢だったんです。

SM嬢として10年間やってきた日向。

現役SM嬢から元SM嬢になって一ヶ月が経ちました。

今はなにやってんの?ってところは明日書きます。

今日は引退間近に風俗業界に詳しい、とある方から言われた一言について。

 

 

 

 

みなさんはSMクラブって聞くと、どんな事をイメージしますか?

痛い?怖い?汚い?苦しい?

じゃあそれは働く側がですか?お客さんがですか?

 

 

「SM嬢をしています。」

って言うとね。

ほとんどの人が女王様をイメージするようです。

ごく稀に、「どっち?」って聞かれます。笑

私は「どっちもです^^」と答えます。

 

私がいたお店は大きく分けて、

  • お客さんがSとしてプレイするコース
  • お客さんがMとしてプレイするコース
  • お客さんが持つフェチを一緒にプレイするコース

があったのね。

だから女王様になる時もあれば奴隷になる時もあるし、

フェチプレイのパートナーになる事もあったの。

私に来てくれてたお客さんのコースの割合は、

Sプレイ:5割

Mプレイ:1割

フェチプレイ:4割

こんな感じかな。

 

フェチプレイ多いのよ。

性癖というか、性的フェテシズムってなかなか発散するところがないのよね。

「M男少ないじゃん!」って思うでしょう?

コースで見たらこの割合になるんだけどね、

実際にプレイをしてみての割合にすると、

S男:1割未満

M男:8割

フェチだけ男:1割くらい

になるのよ。

不思議でしょう?

 

どうゆう事かっていうと、

ご主人様なのに私の尿を飲む。

とか

ご主人様なのに床にひざまづいて私の脚を舐める。

とかっていう本来だったら逆の絵図らになるはずの事が起きたり、

ご主人様なのに私に叱ってもらいたい

とか

ご主人様なのに私の機嫌を伺う

とか、精神的M要素が出ちゃう事が起きたりするの。

S・M・フェチが色々混ざってる時もあるんだけど。

 

最初は偉ぶった態度の人もプレイ半ばにはヒエラルキーが逆転してるの。

私は何にもしてないのによ?言われたままにしているのによ?

プレイが終わる頃には、

「愛して欲しい」「俺を見て」「寂しい」「甘えたい」

がだだ漏れになるの。

私はその変化がとても愛おしいの。

この空間・時間は鎧をとって心も裸んぼで日々のプレッシャーから解き放たれて欲しいっていうのが一番の想いだから。

 

でね、この話を前述した人に話したのよ。

そうしたらね、

「お前、Mじゃねーな。Sだな。」

この一言よ。

数年間薄々感じてた事をズバっと言われちゃったわけ。

「Sはサービスっていうだろ?思いやりと愛がなきゃいけないと俺は思っている。特にそうゆう仕事でやるなら客の事を考えるのは当たり前で、考えなしに好き放題やってたらリピーターは付かなくなるしな。お前はほとんど無意識に客を調教してんだな。」

私の強みここにもあったかー‼︎って瞬間だったわ^^;

人はM性・S性両方持っているものだと私は思っているんだけど、

私はお客さんのM性をより引き出すのね。

この時改めて、”まじ天職” って思ったわ。

 

その後、その人とSMやお店について色々話して

「お前はSF嬢だな!SとフェチだからSF笑!」

ってのが結論。

なのでこれからは元SM嬢改め、元SF嬢でやっていきたいと思いますφ( ̄v ̄ )

 

 

 

SM論やサド・マゾ論って色々あるし、これ!っていう答えの無いものだと思うのね。

その人のSMは他の人とは違ったりするもの。そうゆうもの。

お店を回すに当たって、コースは設定しなきゃなんないからお店側はコースを作るわけだけど。女の子を守るためにもね。

最低限のルール以外はこれ!っていう流れの決まりはないのよ。

お客さんが自由に作れるの。私はそれをいっしょに作る。

ひたすら髪を撫でるでも、人間家具にするでも、吊るして脚を愛でるでも

なんでもいいの。

こんな自由発想で枠の広いお店に居れた事、とっても有り難く思うわ♡

最後お店愛語っちゃった^^

 

日向結う。