FetishLABふぇちらぼブログ ~ふぇち時々性~

色んなふぇちのお話。あなたのふぇちもあるかもね♡

私の頭の中の◯◯◯。パート1

f:id:yuu-fetish:20160125032503j:plain

この間、夜中にね、youtubeで昔のお笑いコントを見てたの。

3人組のうち1人が悩んでて、

後ろから悪魔の格好をしたもう一人、天使の格好をしたもう一人。

主人公と天使と悪魔のやりとりのコントだったの。

それを見ながらふと、私の頭の中って…

天使と悪魔じゃなくて、

おじさんとオカマだわ。

と気付いたの。

 

みなさん薄っすら気づいてるかなーと思うんだけどね、

私ちょいちょいオネエ口調になるのよ。

 ”オカマ” って書いたけど、

オネエの方々を否定的に思ってるわけじゃないからね。

むしろ尊敬するところがたくさん。

インパクト重視であえてよ。

 

私ね、そうだな…20歳過ぎたくらいからかな?

穏やかに話そうと思うと、なぜかオネエっぽくなるのよ。

それまではね、口の悪い女だったの。

高校の頃なんか自分無敵だと思ってた脳みそハッピーな時代だったから、

相当汚いモノいいしてたのよ。

は?死ね!

とかね^^;

高校時代の無敵期が過ぎて、自然と少しづつ汚い言葉は使わなくなっていったんだけど、かわりに女性らしさを意識すればするほど「オネエ口調になる」ってゆう謎の現象が起こるようになったの!

 

女性らしさが解らなくて苦しんでるとかは全然ないのよ。

だから無理してるわけじゃないのよ。

 

顕著に出るのはね、浴衣や着物、和服を着た時。

所作までもが女らしくなるの。

いや、女なんだけどね。

女らしくなるのよ!

ややこしいわね^^;

普段の自分とは違う女らしさとでもいうのかしらね。

 

そんなだから自分でもおかしくって笑っちゃう時もある位^^

でもどうしてそうなるんだろうなー?

って掘下げてみたのよ。

 

私ね、19歳の頃に新宿二町目デビューをしたの。

年上の友達に連れて行ってもらったのね。

当時の私はたいそうなツンデレメンヘラ女子だったのよ。

そこのママさんたちにね、大体容赦なく、稀に優しく接してもらっていたのよ。

その時から私は、

「この人たちはなんてパワフルで愛情も懐も深くて、強くて美しいんだろう」

って思うようになったの。

これまで、困難な事・悲しい事・辛い事沢山あったと思うのよ。ない人っていないだろうしね。

そういうの全部を自分として魂が生を謳歌してる感じがしたのね。

頑張る力・元気をもらえたのね。

”どんな辛い事でも昇華させてしまう力” みたいなのを持っているように感じたの。

その時のインパクトが今の私に影響しているんだと思う。

もちろんそれだけじゃないけどね。少なからず感化されたから。

 

 

最近の記事で ”接客のイライラは笑いで昇華” っていう記事を書いたんだけどね、まさにそれよ!

こちらの記事↓

ないしょ仕事の接客のイライラは笑いで昇華。例:本強客。 - ないしょ安置所

意識して書いてたわけじゃないんだけど、振り返ってみると繋がっている部分があると思うの。

 

大変な事・嫌な事があったら、一回私の頭の中のオカマさんに通してみる事も。

そうするとね、「どうにかなるか^^」とか、「しょうがなかったわ」

って思えたりするのよね。

なんていうかな…

感情的にならずに問題の解決策を考えられる感じ。

いつかに見た、どなたかのTwitterでも ”頭の中にオカマバーがある" って話があってね^^

それってグッドアイディアだと思う!

脳内オカマバーで1日の終わりに愚痴を吐く。

って、なかなか良さげ^^

愚痴を吐くのも、叩き上げるのも同じ自分だからマイナスに捕らえられる事がないと思う。

私の頭の中にはバーはないけど、天使と悪魔方式でオカマが時にけなし、時に叩き上げ、時に優しく包んでくれるの。

でも一回、”脳内オカマバー” 開店してみようかしら♡

 

次回は私の頭の中のおじさん。

日向結う。

 

 

《告知》

執事カフェ体験ツアー】
3月3日のひな祭り♡ご令嬢気分で女に浸ってみませんか♪

非現実的な空間で、何から何まで執事におまかせなお嬢様扱いを味わう時間^^

椅子は引いてくれないと座れないじゃない。
紅茶は執事が注ぐもの。
お砂糖も入れてちょうだい。
継ぎ足しだって自分でしない。
だってお嬢様ですもの♡

お嬢様達はおしゃべりを楽しんでいたらいいの♪

日々の喧騒からちょっとだけ離れて、
優雅で特別な時間を過ごしませんか?

【日にち】3月3日(木)
【場所】池袋
【時間】12:30を予定しています。
【募集人数】6人→残3人
【参加費】2000円(飲食代別)

参加希望の方、興味のある方は
yuu.fetish.hinata@gmail.com日向結う(ひなたゆう)までメッセージいただくか、こちらにコメントください^^