読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FetishLABふぇちらぼブログ ~ふぇち時々性~

色んなふぇちのお話。あなたのふぇちもあるかもね♡

膣内環境正常化〜おまたって繊細ちゃんのしっかり者♡〜

せっくすとおまた

 

f:id:yuu-fetish:20151227022903j:plain

おまたはおちんちんと違って、身体の中に奥まってあるもの。

だから、細菌たちには絶好の場所。いわばベッドタウン。

そんな悪い細菌たちをのさばらせないように膣内は酸性に保たれているのね。

免疫力ってやつ!

でも、疲れが出たりするとその免疫力が落ちちゃうの。

そんな時に外から雑菌が入ったり、元々いる菌に負けると、おりものが増えたりするわけ。

人によっては抗生物質に当てられたりもあると思う。

抗生物質によって、膣内の悪い細菌と闘う戦士たちもやられちゃって、膣内のバランスが崩れちゃうんだよね。

風邪引いて、病院で抗生物質をもらって飲んでたら、風邪が治る頃にカンジタに><;

なんて事あったりするもの。

 

そういえば、カンジタって性病だと思ってる?

 

あれはね、違うんだよ^^

性病じゃないの。

カンジタの菌は、人が元々持ってるカビ菌なのね。

常に居るの。私たちカビ菌と共存してるの。

大腸菌と同じようなイメージだね。

疲れが出たり、体調が崩れたりして免疫力が低下すると、菌たちのバランスも崩れるのね。

本来いい感じの酸性である、膣内環境が崩れるのね。

 

そうすると、体がカンジタ菌に負けちゃうの。

で、ポロポロのおりものがでて、かぶれて、かゆくなっちゃうわけよ。

だからね、カンジタになっちゃっても、

「私、性病だ( ;  ; )」

って落ち込まなくていいのよ^^

落ち込まずに、最近の生活リズムを振り返ってみて?

原因となる心当たりがわかるかもしれないから♪

 

本当にね、おまたって繊細ちゃんのしっかり者だから、

寝不足状態で彼とセックスしてそのまま寝たら次の日のおりものが多いとかね。

よくあるのよ。

外から入ってきた雑菌を殺そうと、頑張って洗浄して、元のいい状態に戻そうとしてくれるの。

本当いい子♡

 

私の意識のいかないような所までアンテナを張って、世話を焼いてくれるわけだから、女子たるもの、それこそお肌のチェックを毎日するのと同じくらいおまたもチェックよ!

そして免疫力を保つ・上げるも気にしていかないとね^^

よく最近言われてる、”平熱を上げると免疫力も上がる” ってやつ。

膣に子宮に、女の子部分にとって冷えは大敵だからすごくいいと思う。

ただ、膣ってね湯船につかってあったまっても温かくなるものじゃないのね。

これはこの間、日向が定期的に施述を受けてる美腸のスペシャリストであり、看護師の佐藤麻友ちゃんと施述中に話したことなんだけど、お風呂につかると身体ってあったまるじゃない?

でもね膣内はお風呂に入るまえと変わらないのよ( ;´Д`)

指の温度で体感に違いはあるかもしれないけどね。

 

じゃあどうやって女の子部分を芯から温めればいいか?

それは、セックスだったりおなにーだったりでその部分を使う事。

受け入れる・感じる・良いってゆう気持ちありきでするのが大事。

つまり心が伴っている状態でってことね。

嫌いやじゃ良くないわね…。

そうすると、一気に温かくなるんだって!

確かにセックスの時やオナニーの時、気持ちが盛り上がって快感を追えば追う程、その部分も熱くなるものね♡

 施述してもらいながら妙に納得しちゃったわ♪

 

女子ってセックスよりおなにーの方が抵抗があるかもしれないけど、

おなにーも侮るべからずよ!

おなにーをして愛液をたくさん分泌すると、それだけで膣内環境整え効果が得られるの!

びっくりでしょう?

おなにー=イク

に縛られなくていいんだからね。

自分のおまた・膣内がどうなってるか知るっていう入りでもいい。

気持ち良くなれるかな?気持ちいい所どこかな?っていう入りでもいい。

気軽にとっかかってみてもいいんじゃないかなと思うのよね^^

もちろん無理はしなくていいのよ^^

 

死ぬまで一緒の自分の身体、これからも長い付き合いよ。

仲良くしていくに越したことはないんじゃないかしらと思うわ♡

 

  日向結う。