FetishLABふぇちらぼブログ ~ふぇち時々性~

色んなふぇちのお話。あなたのふぇちもあるかもね♡

気分が乗らない接客は、妄想力を強化せよ!

f:id:yuu-fetish:20151213200741j:plain

 

お客さんとのプレイ、いつだって・誰とだって気持ちいいわけじゃないじゃない?

気持ちいいまで辿り着かないことの方が多いかもしれない。

 

それでも接客はしなくちゃいけない。

 

…苦痛よね^^;

 

お客さんを好きな人だと思って。

とか

その時間だけは恋人と思って。

とかいうアドバイスがあるけど…

 

 

 

いや、無理だし。

 

ってなるよね^^;

無理だし。でいいと思う!

そこを無理やり、恋人だとか好きな人だとかに思い込もうとすればするほど、

精神的に参っちゃう。

プライベートまで侵されちゃうかもしれない。

 

Q, じゃあ、どうするか?

A, 妄想力を強化する!

 

相手を無理やり恋人にする妄想じゃないよ。

今こうしてるシチュエーションのまま、

ストーリーを妄想で強化するの。

 

例えば、

  • 遊び慣れてる風な30代半ばの営業職の人がお客さんだとしよう。
  • お腹周りにちょっとお肉がついてる感じ。
  • この人は今無言で私に覆いかぶさって、乳首を舐めながらクリトリスを弄ってる状態。
  • 私はというと、快楽テンションが上がらず、どうしたもんか?状態。
  • なので妄想で補う。

↓妄想スタート↓

この人は私の会社の先輩。

私の彼も同じ会社で先輩とは同期。

3人で飲みに行ったりする位の仲。

ある日、彼のことで大事な話があるからと仕事終わりに先輩と会うことに。

待ち合わせるやいなや拉致られて、今この状態。

抵抗もできず、先輩に好き勝手されてしまう。

家に帰ると彼が異変に気付く。

問いただされ、全て話すと彼は激怒。

先輩の元へ行く。

先輩の元から戻ると、私を気遣いつつも、触れてくれる。

結果彼との関係が一層深まる。

END

 

みたいに勝手に快楽テンションが上がるバックストーリーを作っちゃうのよ。

そのストーリー主人公は私。お客さんはあくまで盛り上げ役。

 

日向の場合は寝取られ・寝取り癖があるから、

今こうして、私のタイプから遠く離れた男の人にいいようにされているのは、

全部彼が裏で糸を引いている、っていうストーリーが上がります( ̄^ ̄)ゞ

そして彼は、この光景を彼が別室で見ている。とね^^

 

誰に言うでもないから、

どんなにチープな内容でもファンタジーでもいいの♡

お客さんと自分のこの状態があることによって、上がるストーリーなら。

 

自分の中の鉄板ストーリーが1つあると、

気分が乗らない接客の時に意外と役に立つわよ♡

 

注意が必要なのは、

人間って慣れるもので、回数重ねると慣れてきちゃう。

だからストーリーのアップデートが必要よ、

 

笑っちゃうような話かもしれないけどお試しあれ♪

 

日向  結う。