FetishLABふぇちらぼブログ ~ふぇち時々性~

色んなふぇちのお話。あなたのふぇちもあるかもね♡

あなたは何フェチ? そもそもフェチってなんなの?

 

f:id:yuu-fetish:20161028004429j:plain

 

3、4年くらい前からかな?SM嗜好の強いお客さんよりフェチ嗜好の強いお客さんの方が増えだしたのは…。

  • 脚(脚全体・太もも・足の裏)
  • 口腔
  • ストッキング/タイツ(全身タイツ含む)
  • 体液
  • ふともも
  • ラバー/ビニール
  • 格闘技
  • 骨格
  • 文字/淫語
  • 圧迫
  • 拘束      
  • ウェット&メッシー などなど、こうして思い返してもまぁ〜いっぱい出る!

 

 

…で、「フェチってば面白いぞ!」と思い立ち、オリジナルフェチ動画を制作・販売している FetishFactory に出るようになって早5年!

 

おかげでここ数年で急速にたくさんのフェチに出会えています( ̄^ ̄)ゞ

 

 

さて、本題。

フェチとはなんぞ? Wikipediaの見解を下記に。↓

概要、類型

などがある。

ただし、例えば「絶対領域フェチ」の場合、ふとももという身体の一部に対する執着、ミニスカートやオーバーニーソックスという服装に対する執着、そのような服装をさせられるに至ったシチュエーションやロールプレイングに対する執着、というそれぞれの要素がありうる。このように、分類はあえて単純化したものであり、実際のフェチにはこれらを横断的に用いて分析されることが望ましいだろう。  身体の一部分に対するフェチの場合、常人ならば誰しも異性の身体的特徴に対して性的な興奮を感じる事は正常な反応なので、異常な程の執着である必要がある。「おっぱいフェチ」などは、本来のフェティシズムの意味からすると多くの場合誤用であり、単なる「おっぱい好き」との混同である。          ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

              

   だそうで、ポイントは ”異常な程の執着" !

          もっと深めてみると…。引き続きWikipediaより。↓

素材・道具への偏愛[編集]

  • タイツ・ストッキングなどの伸縮生地、男性用スーツや女性用ブレザーなどのウール化繊、女性用フォーマルドレスなどの艶に富んだ華美な生地(特にサテンジョーゼット・オーガンジーといった化繊や、シルク生地)といった特定の生地素材に対する偏愛・執着。
  • ラバーフェティシズムと呼ばれる天然ゴムやPVCの感触に対する性的嗜好の固着は欧米を中心に発達している。欧米では専門誌も多い。また全身タイツフェティシズム全身タイツを纏う事で性的嗜好を得るもので、日本で生まれ世界に広がったとされる。
  • 風船に性的興奮を覚える人が膨らましたり、抱いたり、破裂させたり、等色々な行為をして楽しむことがあり、どうやら、破裂する寸前の洋梨形や、割ることに興奮を覚えるという。自分だけで楽しんでいる人が多く、世間には危害を与えない。最近では風船フェティシズムをテーマにしたDVDが日本では多数つくられている。

状態への偏愛[編集]

  • ウェット&メッシーと呼ばれる、対象の濡れた姿、あるいは泥水や汚泥にまみれた姿に対する偏愛が存在する。水着姿の女性が全身を使って車を洗うという「カーウォッシュ(ガール)フェティシズム」は日本ではほぼ皆無だが、アメリカではメジャーなフェティシズムである。類似のものとして異性の衣裳を損壊させたり切り裂いたりした状態(リッピング)に対する偏愛、衣服を焼却する偏愛も存在する。いずれも「対象の状態」に注視しているフェティシズムといえる。
    • 対象の姿のみならず、自身でそういう遊びをすることを好む者も存在する。
  • 煙草を吸う女性、太った異性、妊娠した女性など特殊な状態の対象者に執着する嗜好が存在する。
  • ギターを弾く男性の手指・ピアノを弾く女性の手指・裁縫をする女性の手指・サッカーをしている男性の脚といった、特定行動下における異性への偏愛など。

 

 ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

 

 なんだって。

この二つを見比べてわかるのは、自分のフェチにフェチに合致するものに出会えていない人。「これだ‼︎」を今も探し彷徨ってる人。

…のことをフェチジプシーと命名。

フェチジプシーは後者に多い‼︎ 断然多い‼︎

フェチジプシーが求めてるものってゆうのは、他者がみた時に、直接性的な興奮に結びつかないものなのよね。

だから偏愛っていう表現になるんだと思うの。

 

私の場合は医療全般に対して偏愛があるから医療フェチ☆

私を例にすると、私は病院に行くと心の奥がザワザワする。性的な意味で。

病院の空間・働いてる人達・様々な器具・カルテ・匂い、病院そのものに。

でも、医療フェチじゃない人からしたら、病院はただ病院じゃん?嫌いな人だっているじゃん?

両者の差がつまり、”偏愛またはフェチ" が ある/ない なんだと思う。

 

フェチがない人からしてみたら、「なんか気持ち悪い。アブナイ。」と感じるかもしれないけど、そこは大丈夫!

私が今まで関わった確固たるフェチを持つ方々は、TPOをわきまえ、他の人の気持ちを考えられる紳士・淑女ばかりでしたよ!

熱い想いがあるからこそ大事に、そして周りにも気をつかう。

熱い想いは自分の一番深くにしまっている。それを出すタイミングはまちがえない。

そんな方達です。

私だって、具合の悪い人達がたくさんいる中で興奮して欲望の赴くまま、暴走なんてしないもの。

 

 

ちゃんと伝えられてるかどうか、わからないけど、フェチって面白い!とか、別にキモくないのか。とか、まさに自分は◯◯フェチだ!とか思ってもらえたら嬉しいなぁ♡

 

                         Fetish LAB (日向結う)