読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FetishLABふぇちらぼブログ ~ふぇち時々性~

色んなふぇちのお話。あなたのふぇちもあるかもね♡

私のないしょ。SMクラブの仕事のはじまり。

 今日は、私のないしょの話。

 

 

f:id:yuu-fetish:20151029031804j:plain

 

 

 

どこから話そうか…。

 

高校卒業と同時にSMの世界に勢いつけて飛び込んだところからにしよう。

 

 

誰にもないしょで飛び込んだSMの世界。

誰にもないしょで飛び込んだ風俗の世界。

これが私の人生最大のないしょ。

 

 

興味はあった世界だけど、お仕事としてやるとなると怖い気持ちと緊張がすごかったのを今でも覚えてる。

夜な夜なネットで求人検索。山ほどあってどこがいいのか全くわかんない(><;)

最終的には直感で決めて電話。

男性スタッフがにこやかに説明してくれるけど、この人は本当のことを言ってるんだろうか?本当はスーパー怖い所なんじゃないか?私売られるんだろうか?etc…。

怖さと不安が先に立って、説明なんて全然耳に入って来ない(~_~;)

このドキドキは一体、良いドキドキなのか悪いドキドキなのか…。

 

あれよあれよという間にその日のうちに初お仕事SM!

この時のことは緊張しすぎてなんにも覚えてない!

 

気づいたら社交的に陽の当たらない世界に関わって、絶え間なく私を求めてくれる人達のおかげもあって、結構な年月が経ってたの。

嬉しいこと楽しいこともあったよ^^

それでも最初のうちは特に嫌なこともあったし、上手くあしらえない自分に悔し泣きをしたこともあった。

落ち込んで傷ついて泣きながら帰ったこともあった。

後ろめたい気持ちを抱えて誰にも言えず、辛くてつらくて病んでた時もすっごくあった!

 

 

それでもやっぱりこの世界と関わっていたのは、やっぱり好きだからなんだと思う。

なんで好きって思えるか?ってゆうのは、別の機会に改めて書こうと思います!

 

 

 

 

病むこともないし後ろめたい気持ちもない。

落ち込むときは…そりゃあたまにはあったけど、お家まで引きずって帰らずに済む!

賛否両論あると思うけど、このお仕事をしてる自分を肯定できるようになったんだよね。

それに、普段の私とお仕事モードの私のスイッチが上手になったのもあるかな。

今はこの10年間位で経験してきたコト、得たノウハウみたいなモノが私の強みになった。

最大の弱みが最大の強みになった。

 

だからね、ないしょのせいで息苦しくなってる頑張り屋さんの助けになれると思う。

やむをえずだったり、決め打ちだったり、流れ着いた先だったり、始まりの理由はそれぞれあるよね。

でも心と体にかかる負担はすべからく大きいから…。

私がこうして書くことで誰かの目にとまればいいなと思う。

 

こうやって公の場に書いてるけど、私だってこの事を友人知人みんなに言ってるわけじゃないよ。

言うことが正しいとは限らないと思うから。

ないしょにしたいことは、ないしょのままでいいんだよ。

ないしょにしておきたい相手には、ないしょのままでいいんだよ。

どんな内容だったとしても、脳みそ&気持ち一つで仕事もプライベートもめいっぱい充実させれる ‼︎

                        日向結う。